急性腹痛の種類と胃薬スクラートの有効性

急性腹痛は、突然急激な腹痛が起こり、時間の経過と共に病状が進行し死に至るケースのある疾患の総称であり、痛みの場所や外見の症状だけでは判断し難いのも急性腹痛の特徴です。
腹痛には、内蔵痛と体性痛、関連痛があります。体性痛は、壁側腹膜や腸間膜、横隔膜などの体性神経に由来する痛みであり、感染や炎症、化学的な刺激などにより引き起こされる局在が明確な持続性の鋭い痛みが特徴です。
関連痛は、内臓痛が強くなると、脊髄の後根神経分節で誤認識が引き起こされ、誤認識した神経分節に属する皮膚領域で感じる痛感であり、胆石による肩甲骨痛や胆嚢炎による肩痛など決まった部位に現れる痛みです。
内蔵痛は、管腔臓器が自律神経繊維にコントロールされている為に患部が判然としない鈍痛が多く、管腔臓器の虚血や炎症の影響による攣縮や拡張、臓器の腫脹による被膜伸展によって引き起こされます。上腹部の痛みは、胃や十二指腸,肝臓,膵臓の疾患に由来する事が多く、急性胃炎や急性膵炎、急性胆嚢炎などの疾患により急性腹痛が引き起こされます。中腹部痛みは、小腸や虫垂などの疾患に由来し、腹膜炎や腸閉塞、消化管穿孔、腹部大動脈瘤破裂などの疾患により急性腹痛が引き起こされます。下腹部の痛みは、結腸や尿生殖路に由来する事が多くあり、卵巣や子宮の疾患や急性虫垂炎、尿路結石などの疾患により急性腹痛が引き起こされます。
スクラートは、ショ糖硫酸エステルアルミニウム塩を含む胃薬であり、胃液中のペプシン抑制作用や粘膜保護作用を有する胃薬です。その為、スクラートは、急性胃炎や慢性胃炎の急性増悪期胃潰瘍の胃粘膜病変、十二指腸潰瘍、胃潰瘍の治療に用いられ、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍の防御因子増強剤としの有効性が認められている唯一の胃薬です。スクラートは、胃粘膜保護作用により他の薬の吸収を阻害する効果がありますが、重大な副作用はないとされています。