胃腸薬の効果について

生理痛などにはボルタレンのような鎮痛剤を使うのがいいですが、胃の痛みなど胃腸になにか不快な症状があって元気がないと感じている場合は胃薬を使用すると良いでしょう。消化酵素や胃酸を中和する制酸剤、健胃剤などがバランスよく配合されている総合胃腸薬がおすすめなのですが、食べすぎや飲みすぎによる胃もたれなどにも効果を発揮します。胃薬は胃の痛みや胃もたれ、胸やけ、下痢、腹痛などを改善する効果が期待できます。食べすぎた時には消化酵素を配合した胃薬、 胸やけには胃酸を抑える胃薬、痛みには防御因子を高める胃薬、ストレスによる胃腸の症状には漢方薬がおすすめです。胃薬にはさまざまな効果がありますが、まずは胃酸の出すぎを抑えるといった作用が挙げられます。また、消化吸収を助ける成分としてでんぷん消化酵素や脂肪消化酵素などを配合した製品も多く、生薬は苦味で胃の熱を冷やすことができるため、胸やけなどを改善することができます。また、胃を温める作用のある成分が配合されているものもあります。また、ぜん動運動を促進するアセチルコリン受容体をブロックする作用により、胃の緊張やけいれんを抑える効果もあるのですが、急な胃の痛みにも有効です。カルニチン塩化物や健胃生薬などには胃腸機能を促進する働きがあり、ぜん動運動や胃酸分泌を促進します。炭酸水素ナトリウムや水酸化マグネシウムには制酸作用があり、胃粘膜を刺激する胃酸のpHを上げる効果があります。そのような成分には即効性があるため、飲んですぐに胸やけをすっきりさせることができますが、作用時間は短くなっています。また、胃粘膜の血流増加や粘液分泌促進、胃粘膜の再生促進などといった作用もあるため、胃粘膜を保護する効果も期待できるでしょう。

<胃痛、胸焼けなどの症状を改善に!>
ネキシウム